黒ギャルと密着プールSEX!-放課後ヤリすぎ委員会の無料画像

ストーリー
主人公、天野翔平は姉の入浴中に下着を漁っていた事が
姉にバレてしまう。姉、薫は翔平の通う学校の教師である事から、
弱みを握った姉は自分の担当している風紀委員の目安箱の対応を翔平に命ずる。
そんなひょんな事から始まった、翔平の風紀委員活動。
最初の相談者は泳げない黒ギャル。泳げるように協力をしているうちに…
なぜか気づけばセックスをしていた!?
更に、次の相談者であるバレー部の部員にも咥えられ…?
痴漢に悩む爆乳の女の子や、友達がいない事に悩む女の子ともハメてしまう!?
オイシイ展開の連続に、興奮する事間違いなしッ!!
現在、JK物同人誌で話題沸騰の今作を見逃すなッ!!

?主人公?

天野翔平
今回の主人公。姉に弱みを握られてしまい、なぜか風紀委員に。
しかし、童貞だった彼が一転様々な女の子とあんな事やこんな事に….?
幼馴染の沙那が好き。

?仕掛け人?
姉(天野薫)
翔平の姉。自分が教師を務める学校の生徒である弟の翔平の弱みを握り、
自分の担当する風紀委員を翔平に任命する。
今は教師だが、かつては伝説の人とも言われるほどの女番長であったらしい。

?幼馴染&キーパーソン?
沙那
翔平と幼馴染の関係。もちろん薫とも面識はある。
本当は翔平の事が好き。
翔平が風紀委員になって遥や夕実などと仲良くなっていく様子に
嫉妬していく。この物語のキーパーソン。

?相談者?

黒木遥
翔平が風紀委員になってから最初の相談者。
見た目は黒ギャルかつ、学校一怖いと評判であるが、
実は泳げないといった可愛い一面を持つ。
翔平と一緒に泳げるように特訓していたが…
ちなみに巨乳。

木村夕実
風紀委員に相談してきた女子バレー部の部員。
実は翔平と同じクラス。普段は眼鏡なのだが、
バレー部にいる時はコンタクトであった為に、翔平は気づかなかった。
女装した翔平をすぐに見抜き…?

第1章-黒ギャルと学校のプールで密着エッチ
主人公、天野翔平には秘密の日課があった。
姉の入浴中に下着を漁る事である。
翔平「(今がチャンスだ!!)」
しかし…
姉「翔平!?」
翔平「ひっ!!ねーちゃん…!!」
翔平は姉の薫にばれてしまう。
翔平の学校の教師を務めている薫は、
翔平の弱みを握った事をいい事にある提案をする。
薫「じゃあお姉さまの言う事聞けるわよね?」
薫は翔平を自らが顧問を務める風紀委員に任命し、
目安箱に来る相談に乗るよう、翔平に命じる。
沙那「まっ、たまには手伝ってあげてもいいよ」
目安箱の中身をチェックする翔平の手伝いをしてくれるのは
幼馴染の沙那。翔平は沙那の事が好きである。
目安箱の中身を見ていると…
『泳げないのに今度の水泳で補修があります
助けて下さい。2?2 黒木』
という相談があった。
翔平「これならできそうかな?…」
沙那「翔平、水泳得意だもんね」
この黒木という人物の手伝いをする事に決める翔平….

ープールにて
翔平「お待たせー
ってあんたは…!!」
そこにいたのはスク水を着た金髪の黒ギャル。
遥「あんたじゃないし
黒木遥!!」
翔平が約束の時間にプールにいってみると
そこに居たのは、学校で一番怖いと評判の黒木遥であった!!
翔平「ご、ごめん黒木さん
じゃあとりあえず泳いでみて…」
遥「うん…ブクブクブク…」
溺れていく黒木。かなづちの理由を聞いてみると、
海で溺れて以来、水が怖くなったという理由からであった。
遥の知られざる一面を知り、少し遥に女性らしさを感じる翔平。
翔平「(なんだ…
普通の子じゃんか)
今度は一緒に向こうまで歩いてみよっか」
遥「う、うん」
プールの中を歩く、黒木と翔平であったが、
「つるっ」
遥「あっ!!」
足を滑らせ、翔平に抱きついてしまう。
胸の感触から思わず勃ってしまう翔平。
その盛り上がってしまっている翔平の股間を見た遥。
翔平「(やべ…完全に勃っちゃってる」
遥「仕方ねーなーこっち向けって」
殴られる事を覚悟し、遥に顔を向けた翔平。
次の瞬間!!遥は翔平にキスをした!!
翔平「く、黒木さん…」
遥「ほら、そこ座りな
…特別」
そう言うと、遥は次に翔平のチンコをフェラし始めた!!
翔平「(学校一怖いって噂の黒木遥が
俺のチンコしゃぶってる…)
遥「気持ちいい?
いつでもイッていーよ」
遥とのまさかの展開に興奮する翔平。
翔平「あ…出る..!!」
「ごくっ」
そのまま飲み干す遥。
そして遥はさらにスク水を脱ぎ始め、
その巨乳を露わにしていく…
遥「ここまでやったらしゃーないだろ」
寝そべって翔平を手招きする遥。
暑い日差しの下、翔平と遥のアツいSEXはまだ始まったばかり!!
翔平、童貞喪失なるか!?

第2章-バレー部と体育倉庫で密着エッチ
次に目安箱にきたのは…
『大会が近いのに部員が足らなくて
困ってます』という女子バレー部からの相談であった。
沙那「翔平、バレーボールできたっけ…?」
翔平「全然」

ー体育館
胸にボールを詰め、天野翔子として女装し、
女子バレー部に助っ人として入る翔平。
部員A「いくよ、翔子ちゃん」
翔平「わわっ、はぁ?い!!」
一生懸命練習に打ち込む翔平であったが、
女子に囲まれて、少し興奮してしまっていた。
レシーブを教えてもらう時もあまりの距離の近さに意識してしまう。
翔平「(顔近いっ…いいにおいするし…)」
そんな翔平であったが、部員から頼まれごとをする。
部員B「翔子ちゃん、用具室にボールを取ってきてくれないかな」
夕実「一緒に行こうか」
翔平「う、うん」
翔平を用具室まで案内してくれるのは、
夕実というバレーボール部員。

ー用具室
用具室に入るやいなや、木村はある質問を翔平にする。
夕実「ねー翔子ちゃんってさぁ
…天野翔平君だよね」
翔平「!?
ど、どうしてそれを…」
夕実「わかるよ?だって私
同じクラスの木村夕実だよ」
クラスでは眼鏡姿の木村であった為(バレーボール部ではコンタクト)、
翔平は全く気付いていなかった。
夕実「どうしてこんな格好してるの?」
翔平「これはその…助っ人を頼まれて…」
夕実「でも、女の子はこんなのついてないよ」
そう言うと、夕実は翔平のチンコを触りだす。
翔平「あっ…木村さ…」
夕実「女の子の格好でこんなことされてどんな気持ち?」
夕実にチンコを揉まれ、次第に興奮してきた翔平は、
夕実のおっぱいを揉みだす!!
夕実「ん…っ
天野君…」
胸を揉まれ、感じた夕実は翔平にキスをする。
もう既に翔平のチンコはビンビンに。
それを見た夕実は…
夕実「おいしそー…ぱくっ」
なんと!!翔平のチンコをフェラし始めた!!
翔平「…木村さん上手…すぐ出そう」
夕実「いいよ…っ出ひて」
翔平「…っぁ…出る…っ」
そのまま夕実の口の中で果てる翔平
夕実「スッキリした?
…それじゃ戻ろっか」
そう言う夕実であったが…
翔平「木村さんはまだスッキリしてないでしょ」
夕実に抱きつく翔平。
ここから用具室での秘密のHは激しくなっていく…!?