[エロ漫画の無料画像]ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?をコミックフェスタで試し読み!!

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?の無料画像が大量!!

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?  コミックフェスタのラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?の画像を大量公開!! 無料で読めるネタバレと本編の試し読みができます。 いこいとうこ、山口のこのエロ漫画が好きな方は一読の価値あり。

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?の無料画像

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?  ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?  ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?  ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?  ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?  ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!? 
ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?  ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?  ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?  ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?  ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?  ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!? 

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?の注目ポイント!!

  • 憧れの先輩に触られるとなぜかアソコが反応しちゃって…?
  • 周りに人がいるのにシャワールームで先輩に…!?
  • 男気たっぷりの先輩×美形のなよなよ後輩の王道BL漫画!

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?の公式情報

エロ漫画公式情報

漫画ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?
作者いこいとうこ、山口のこ
エロBL
公式コミックフェスタ
公開日2016/10/13

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?のあらすじ

あらすじ

女によく間違えられるほど美形で細身の裕也。
そんな自分を変えるためラグビー部に入部し、男らしさを磨くつもりの裕也だったのだが、体格差もあってなかなか活躍できないでいた。
そんなとき、憧れの先輩である武が部活終わりに居残り特訓に付き合ってくれることになるのだが…。
練習中、武に身体を触られるとなぜかアソコが反応してしまって…!?

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?の登場人物

キャラクター紹介

裕也

フォワード志望のラグビー部員。
綺麗な顔と細身の体型がコンプレックス。

強靭な肉体でチームを引っ張る
ラグビー部のキャプテン。
裕也の憧れの先輩。

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?のネタバレ

ネタバレ

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?を買う前に、どんなシナリオで進んでいくのかチェック! 初見のドキドキ感で抜いていきたい方は要注意!!
New!! このコミックが欲しくなったらチェック!!

二人きりの個人レッスン、深く強く突き入れられて…!?

ここはとある学校のラグビーコート。
今はラグビーの練習試合が行われているようだ。

ラグビー部キャプテンの武は
鍛え抜かれた身体を武器に
相手選手を翻弄していた。

経験の浅い新入部員の裕也は
武の見事なプレイに目を奪われていた。

裕也!

武に声をかけられ
裕也はハッと我に返る。

そっち行ったぞ、
止めろ!

正面を見ると
ボールを取り返した相手チームの選手が
すごい勢いでこちらに突進してきている。

(よし、やってやる!)

裕也は、低く構えて
タックルにいった。

ドンッ!

身体と身体がぶつかり
鈍い音が響く。
相手選手を捉えたと思った次の瞬間
裕也は地面に転がされていた。

(くそ、まただ…。)

この試合、
裕也が当たり負けたのは
これで3度目。

細身の裕也は
どうしても体格差で
当たり負けてしまうことが多かった。

お前さ、やっぱりバックスのほうが
いいんじゃないのか?
じゃなきゃ、マネージャーか。
女みたいな顔だしな。

むっとして顔を上げる。
そこには1学年上の先輩がいた。

幼いころから
女の子によく間違えられてきた裕也にとって
自分の顔はコンプレックスの塊だった。
そんな自分を変えるために
敢えて体格がものをいう
フォワードというポジションにこだわっている。

裕也は返事をしたくなくて
顔を背けると
小さく舌打ちをされた。

なんだ、その態度…。

おい、何してる。

裕也たちの間に
割って入ってきたのは
武だった。

キャプテン…。

ラインアウトだぞ、行け。

裕也に悪態をついた先輩は
武に軽く頭を下げた後
裕也をチラッと見て
背中を向けた。

裕也も立ち上がろうとすると
武が腕をつかんで
引き起こしてくれた。

大丈夫か?

憧れの先輩を前にして
ドギマギしながら
はい、と頷くと
武は少し目を細めた。

よし、行くぞ。

大きな手がバシッと裕也の背中をたたいた。


昼間の熱気が嘘のように
夜のラグビー場は
しんと静まり返っていた。

そんなラグビー場の一角に
武と裕也の姿があった。

先輩、すみません。
俺、わがまま言って…。

可愛い後輩の頼みだ、
気にするな。

結局昼の練習試合では
全く活躍できなかった裕也は
武に頼んで、
居残り練習に付き合ってもらっていた。

じゃあ、もう一回いこうか。

…はい、
お願いします!

位置についた裕也は
武の掛け声に合わせて
最初の一歩を踏み出す。

…ッ!

大木にタックルしているみたいに
武の身体はびくともしない。
まるで足から根が生えているようだった。

少し踏み込みが浅いな。
よし、もう1回。

…はい!

しかし、その後何度やっても
武を動かすことはできず
徐々に裕也の気持ちが折れかけてくる。

タックル練は
このくらいにしておこう。

頃合いを見計らったように
武が練習を切り上げた。
これ以上続けても
無駄だと思われたのだと思い
裕也は肩を落とす。

ありがとう、
ございました…。

悔しくて、
情けなくて、声が震えた。
そのまま顔を上げられずにいると

入部してきたときは
どうなるかと思ったが…。
前よりずっと力強くなったな、裕也。

ホント…ですか?

悔し涙ににじむ視界に
武の柔らかい表情がうつった。

今日の試合も見るべきところはあった。
お前にとっては
納得のいかない結果だったかもしれないけどな。

まるで裕也全てを肯定してくれているかのような
武の言葉に裕也はつい甘えてしまった。

じゃあ俺、フォワードで
やっていけると思いますか!?

武は少しだけ間をあけてから
語りかけてきた。

…お前は、
入部当初からフォワード希望だったな。

はい…。

体格だけ見れば
俺もバックスが向いてると思ってた。
でもお前を見てきて
考えが変わった。
フォワードにはその粘り強さも必要だ。
俺はお前を応援してるよ、裕也。

武の手がポンと
裕也の肩をたたく。

裕也は、憧れの人に認めてもらえた喜びで
呼吸困難になりそうだった。

あっ、あの、
ありがとうございます!
俺、頑張ります!

よし、じゃあついでに
スクラムの練習でもするか。

はいっ!

早速マシーンに向かい
スクラムの体勢を組んだ。

背後についた武の手が
裕也の股を抜けて
太ももを掴んだ。

その時
肌が擦れる感じに
ドキッとしてしまう。
武の腕が左足に絡むと
体温を感じて
落ち着かない気分になる。

いいか、感覚をよく覚えておけ。
ケツの穴に肩をねじ込むイメージだ!

動き出した瞬間
後ろからぐっと圧がかかって
実際に武の肩が尻を割って入ったように感じた。

あ、あッ、ン。

身体が痺れるような感覚があり
思わず上ずった声を出してしまった。
自分でも気色悪くて
血の気が引いた。

す、すみません…。

いたたまれない気持ちになりながら
武のほうに振り返る。

武は裕也の顔を
食い入るように見つめた後
すっと目を伏せた。

もう1回いくぞ、
ちゃんと踏ん張れよ!

変な声を出したことについては
何も言われなかった。
きっと聞かなかったフリをしてくれているのだろう。

心の中で武に礼を言い
再びスクラムの練習を始める。

わかるか、こうだ!

さっきと同じように
また武の肩が
股の間に入ってきた。

自分の意思とは無関係に
全身が震える。

武の肩と接している部分が
ドクドクと脈打って
身体が火照ってくる。

っ、く…。
ん、…ふ、うぅ、ん。

武に申し訳なくて
裕也はまた声が出そうになるのを
必死で抑え込んだ。

と、そのとき
裕也は自分の身体の異変に気が付いた。

(あ、あれ?
ヤバ…!
俺、勃ってる…!?)

先輩の舌がアソコに熱く絡んで、グラウンドに響く喘ぎ声…

裕也お前…。

あ、あの、先輩、俺…ッ。

裕也は勃起したチンコの事を
悟られまいと無理やり話題を変えようと試みた。

俺…えっと…。

しかし、あとに続く言葉が見つからず
ますますパニックに陥っていく裕也。
ぎゅっと閉じた目に
涙がにじんだ。

裕也。

武に声をかけられ
恐る恐る顔を上げると
武は何げない口調で言った。

お前、足の位置
もう少し前にずらした方が
いいんじゃないか?

えっ、あ、あの…。

困惑した様子の裕也。

(先輩また気づいてないフリをしてくれたんだ。)

申し訳なさで胸が痛んだ裕也だったが、
武のその優しさが嬉しかった。

もう1度やるから
今度こそちゃんと耐えろよ。

は、はい!

裕也は気を取り直して
再びスクラムを組み
武の掛け声で
マシンに突っ込んだ。

しかし、持ち直したのもつかの間、
武の肩が股に入ってくるのを感じた途端
裕也の腰がビクリと震えた。

んっ、
…う、ン。

練習に集中しようとしても
どうしても身体が言うことを聞いてくれない。

裕也が情けなくて
泣きそうになっていると
武の手が動いて
裕也の股間に触れた。

せ、先輩…!?
(えっ、なに、
なんだ、先輩の手、
俺のを触ってる?)

慌てて立ち上がろうとするが
マシンと武に挟まれ
身動きがとれない。

ちょっとじっとしてろ。

なだめるように言葉をかけてくる武。
困惑する裕也をよそに
ズボンに手をかけた武は
あっという間に
ズボンをずりおろし
固くなったチンコを握りこんだ。

え…あっ?

股の間からチンコをしごかれ
裕也は声を我慢する暇もなく
喘ぎ声を出してしまう。

あ、あっ…ン、う
せんぱ、も、やめ…。

裕也、聞こえるか。
ほら、お前の…。

ぐちゅぐちゅと粘ついた水音が
聞こえてくる。

うっ、う…
ふ、あ…。

このままじゃおさまらないだろう?
俺に任せろ。

先輩の手のひらの感触と
淫らな水音が
どうしようもなく
身体を昂らせていく。


肩で押されるたびに
ビク、ビク、と
腰が揺れた。

徐々に快楽の感覚が高まっていくのがわかる。

あ、ぁ、先輩、
もう、俺…!!

身体の奥から突き上げてくる。
武はそんな裕也を後ろから見ながら
徐々に手を速めた。

出していいぞ。

ッは、
せんぱ…
あぁっ!

武の言葉がダメ押しとなり
裕也の先からは精液が
勢いよく芝の上に散っていく。

ポタポタと滴り落ちる精液を見ながら
裕也は何とかマシンにしがみつく。

しばらくマシンにもたれかかりながら
呆けていると、
しゃがみこんだ武が
裕也のものを咥えようと
顔を近づけていた…。

シャワールームで全身トロけて…人がいるのに、声が出ちゃう…!

(あ、しまった…!)

ラグビーの練習中、
裕也が放ったバックパスは
とんでもない方向へ飛んで行った。

何やってんだ、お前!

先輩部員の怒号に
裕也は肩をすくめた。

今日の裕也の調子はいつも以上に悪い。
それは昨日の武との居残り特訓のせいなのは明白だった。

あの後、口でもイカされキスまでされた裕也。
呆然としていた裕也に
武が言った「可愛いすぎて我慢できなかった」
という発言に
自分は女の代用品でしかないのかとカッとなってしまい
喧嘩別れしてしまったのだ。

練習の後、裕也は部室のシャワールームに
こもったままグダグダといろんなことを考えていた。

(先輩、俺の事どう思ったかな…。
もう前みたいに、
先輩と話したりできないのかな…。)

昨晩、家に帰って散々泣いた裕也だったが
また涙がこぼれだしてきた。
我ながら女々しい自分に飽き飽きしながら
自己嫌悪のループにハマりそうになっていると
個室のドアをノックされた。

裕也、いるんだろう。
少し話がしたい。
開けてくれないか。

突然の武の登場に
裕也は混乱した。

(どうしよう。
こんなところで、
しかも2人きりで話なんて
絶対できない。)

裕也が黙っていると
ドアの向こうで武の小さな
溜息が聞こえた。

開けないと、
ドアを壊すぞ。

静かだけど
強い決意を示す声。
このまま黙っていたら
本当にドアを壊されそうだった。

あ…開けます。

ドアを開けると
待ちかねたように武が個室に入ってきた。
裕也は、武と顔を合わせたくなくて
背中を向けた。

…話ってなんですか?

自分では冷静なつもりでも
つい声が震えてしまう。

武は何も答えない代わりに
後ろからきつく抱きしめてきた。

せ、せんぱ…。

昨日は悪かった…。
身体は大丈夫か?

先輩、俺を
女の代わりに思ってるなら
俺…。

裕也、俺は…。

武が何かを言いかけた時
シャワールームに誰かが入ってくる
気配がして
2人は思わず顔を見合わせた…。


シャワールームに入ってきた誰かは
向かいの個室に入ったようだ。
ドッ、ドッ、と
叩くみたいに心臓が激しく鼓動を打ち始めた。
緊張感に身を固くしたそのとき
武が背後からそっと裕也を抱き寄せた。

大丈夫だ。

耳元で囁かれた言葉に
裕也は小さくうなずいたが
武と密着している状況に気が付き
ますます身体を強張らせた。

武から少し離れようとして身じろぐと
いっそう強く抱きしめられた。

つ…ぁ。

武は裕也の変化に気づたようだ。
裸なので隠しようがない。
すると武はゆっくりと床に膝をつき
裕也のチンコを口に含んだ。

(人がいるのに、
バレたら終わりなのに…
でも、俺、期待してる…。)

武の口内は
温かくてぬるぬるしていて
先端を刺激されるだけで
ゾクゾクした。

ふ、…く、ぅ…ン…ッ!

シャワーの音でごまかしながら
裕也は声が聞こえないように我慢した。

なんで、先輩はこんな…
俺っ…を、
からかってるんですか…。

武を見ると切なげに
目を細めてこちらを見ていた…。

いつも使っている部室で、こらえきれずに繋がって…

お互いの気持ちを確認し
2人でシャワーを浴びた後、
裕也と武はロッカールームに戻った。

裕也は軽い倦怠感を抱えつつ
自分のロッカーに向かうと
武にぐっと腕を引かれて
真正面から抱きしめられた。

(わ…どうしよう、
どうしたらいいんだろう…。
ていうか、先輩の…
当たってる…。)

バスタオル越しに先輩の熱を感じて
落ち着かない気持ちになる。

そっと手を伸ばして
武の背中に触れてみる。
するとさらにきつく抱き返された。

裕也…。
すまん、もう我慢できそうにない。

せんぱ、い。

真っすぐに見つめてくる
武のまなざしは
胸が痛くなるくらい真剣だった…。


武に押し倒された裕也は
足を開かされ
局部が丸見えの状態になった。

あの、先輩、俺…っ。

裕也。

武の手が裕也の頬に触れる。

俺はお前が欲しい。
女の代わりなんかじゃなく
裕也自身を。
だから…いいか?

じっと見つめてくる瞳に
吸い込まれるように
裕也はうなずいていた。
近づいてきた武の唇に
抗うことはせず
2人は唇を重ねた。

口の中に侵入してきた舌は
裕也の口の中を柔らかくなぞっていく。

は…む、
んン……
ふ、ぅん…。

とろけた声を漏らす裕也に
武は苦しそうな表情で

そろそろお前の中に入りたい…
挿れていいか?

断る理由はない
コクッ、と頷くと
達也の熱くて固いものが
裕也の股間にあてがわれた…。


New!! DMMコミックの購入方法まとめました!!

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?の口コミ情報

口コミ情報

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?に関するクチコミ情報を徹底調査しました!! いこいとうこ、山口のこのエロ漫画はえぐい描写はなくBL初心者にも読みやすい作品が多いです! 今回のラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?も力作です。
イケメン同士の王道BL漫画です!

電子書籍をPDF・Zipでダウンロードは危険です!!

電子書籍の無料ダウンロードは危険です!!

コミックフェスタでも好評のラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?。 一部のサイトで、無料で中身を読んだりダウンロードできることを謳っていますが… 鵜呑みにして大丈夫ですか??

例えば、 2dbook、ドロップブックス、torrent(トレント)、nyaaなど… 無料でエロ漫画を手に入れようとしていませんか??

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!? 

これらはワンクリック詐欺広告やウィルス・トロイの木馬を 同時にダウンロードする可能性を孕んでおり、非常に危険です。

特に、PDF・Zipファイルの無料ダウンロードには警戒心を高めましょう。

PDFファイルダウンロードは要注意!!

「ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?が無料で読める」は危険です。

Zipファイルダウンロードは危険です!!

ZIPファイルのダウンロードは警戒を!!

これらを無料でダンロードし、 セキュリティソフト会社に通報した場合…

あなたがダウンロードした作品が「違法アップロードされたもの」と判断され、 逆にあなたが悪者として扱われてしまう可能性が高くなります。

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!? 

公式サイトから正規品を読むが一番!!

ウィルスに感染しているかハラハラしながら読むよりも、安心が一番。

Erobnbでは公式サイトから購入して実際に読み、 有料作品のみ紹介しています。


スマホでこっそり。家族にバレず、心置きなく読みましょう。

エロ漫画が家族にバレず、置き場所に困らない。

スマートフォンからいつでもこっそり読める、 あなただけのエロ漫画。

電子書籍のコミックフェスタなら、それが実現できます。

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!? 

会員登録無料、月額会員費は一切なし

月額会員費0円!!

コミックフェスタは月額会員費など一切無料。 かかるのは漫画代のみのコスパ最強!!

コミックフェスタは会員登録無料、月額会員費など、 エロ漫画を読む以外にかかる費用はいっさいありません。

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!?を読むならコミックフェスタが圧倒的にお得!!

ラグビー部の居残り特訓はヤバいらしい!? 
公式サイトで購入する コミックフェスタで無料試し読み