[エロ漫画の無料画像]かえりみち。―上司の娘と二人きり―をDMMコミックで試し読み!!

かえりみち。―上司の娘と二人きり―の無料画像が大量!!

かえりみち。―上司の娘と二人きり―  DMMコミックのかえりみち。―上司の娘と二人きり―の画像を大量公開!! 無料で読めるネタバレと本編の試し読みができます。 てくのみくす。のエロ漫画が好きな方は一読の価値あり。

かえりみち。―上司の娘と二人きり―の無料画像

かえりみち。―上司の娘と二人きり―  かえりみち。―上司の娘と二人きり―  かえりみち。―上司の娘と二人きり―  かえりみち。―上司の娘と二人きり―  かえりみち。―上司の娘と二人きり―  かえりみち。―上司の娘と二人きり― 
かえりみち。―上司の娘と二人きり―  かえりみち。―上司の娘と二人きり―  かえりみち。―上司の娘と二人きり―  かえりみち。―上司の娘と二人きり―  かえりみち。―上司の娘と二人きり―  かえりみち。―上司の娘と二人きり― 

かえりみち。―上司の娘と二人きり―の注目ポイント!!

  • 幼い頃から知っている上司の娘を強引に犯す
  • 雨に濡れた少女がエロい
  • 処女だった少女もそのうち快楽に目覚め…

かえりみち。―上司の娘と二人きり―の公式情報

エロ漫画公式情報

漫画かえりみち。―上司の娘と二人きり―
作者てくのみくす。
エロ巨乳 中出し 処女 オナニー 断面図
公式DMMコミック
公開日2016/09/04

かえりみち。―上司の娘と二人きり―のあらすじ

あらすじ

仕事を終え雨が降りしきる中、帰宅中の男の前にずぶ濡れになった少女が現れる。
雨に濡れ艶めかしい肢体を見せつけられた男は、雨宿りのために家に連れ込んだ少女を…。

かえりみち。―上司の娘と二人きり―の登場人物

キャラクター紹介

ずぶ濡れの少女

主人公の上司の娘。
幼い頃から交流のあった
主人公に好意を寄せている。

会社員

彼女無しの
独身サラリーマン。
ある日、雨に濡れた少女に声をかける。

かえりみち。―上司の娘と二人きり―のネタバレ

ネタバレ

かえりみち。―上司の娘と二人きり―を買う前に、どんなシナリオで進んでいくのかチェック! 初見のドキドキ感で抜いていきたい方は要注意!!
New!! このコミックが欲しくなったらチェック!!

ずぶ濡れの少女

(しかし、今日は特別ひどいな…。)

男は突然降り始めた大雨で
憂鬱な気分になっていた。

(靴もズボンもグショグショ。
これじゃとれるモノもとれないさ…。)

数時間歩き回った後、
直帰する報告を会社に済ませ
あと少し歩けば
自宅に帰れるところまで来ていた。

(こんな時に、優しい奥さんが
暖かい夕飯でも用意して
待ってくれてたら最高だ…。)

しかし、現実は
誰もいない安アパートに帰るだけ…。
むなしくなった男は妄想するのを止めた。

(…おや?)

ふと信号待ちしている交差点の
向こう側を見ると
一人の少女が
ずぶ濡れになりながら
立っているのに気付いた。

…。

(こんな雨の中…
傘も持たずに何をしてるんだ…。)

少女は激しい雨に
かなり降られた様子で
白いシャツはぴったりと
肌に張り付いて
淡い色のブラが透けて見えていた。

男が少女を見ていると
ふいに少女が顔を上げ、

…。

男と目が合うと
少女は口元に笑みを浮かべた。
どうやら二人は顔見知りのようだった。

(あの子は…
上司の娘だ…。)


男の直接の上司は
部下を自宅に呼んで
酒を酌み交わしたりするような
今時珍しい人だった。

少女は、何度か家にお邪魔していると
たまに見かけることがあった。

そういえば君、
勉強だけは
できるんだろう?

上司にそう言われ
男は彼女の家庭教師を
務めたこともあった。

(随分と大人っぽくなったな…。)

信号が青になり
このまま放ってもおけず
男は彼女に声をかけた。


ありがとうございます。
本当に、助かりました。

降りしきる雨の中、
男の傘に入り込んだ少女は
少し照れくさそうにしていた。

いや、急な雨だったし。
君も災難だったね。

ええ…。
…友人…の家を出たときは
降ってなかったんですけど…。

少し言葉を選んでからの
「友人」という発言に
なにか含みを感じてしまい
次の言葉が出てこない。

二人の間には
しばらく気まずい沈黙が続いた。

ちょっと、
照れくさいです、ね…、コレ。

少女が口を開く。
相合傘のことだろうか。
確かに歳が離れているとはいえ
男女が体を近づけあいながら歩くのは
気恥ずかしいものがあるのだろう。

ああ、私は別に大丈夫なんだが…。
キミは、もっとイケメン男子が良かったよね?

いいえ、お兄さんで、
良かったです。

そう言った彼女の頬が
ほんのり赤くなったように見えた。
社交辞令とわかっていても
男はついドギマギしてしまう。

ちょっと、失礼しますね…。

そう言うと彼女は
黒く長い髪をかき上げ
耳元についた水滴を拭うように
手を動かした。

髪が…重くて…。

ぎゅっと搾ると
艶やかな髪から
透明な雫がしたたり落ちた。

透き通るような白いうなじ、
彼女の腕の動きに合わせて
たわわに揺れ動く乳房が
男の股間を刺激した…。

一線を越える

すみません、雨宿りまで
させていただいてしまって…。

当分雨もやみそうに無かったし
そのままだと
風邪を引いてしまうからね。

そうですね。
お気遣い、
ありがとうございます。

いやいや、
お互い知らない仲じゃないんだし
お安い御用さ。

男は洗面所から
バスタオルを取り出して
彼女の髪へかぶせてやった。

ありがとう、
ございます…。

少し照れくさそうに
言葉を口にする彼女。

そのまま、濡れた髪を
優しく拭いていると
安心したように
少女は男に身をゆだねた。

は、ぁ…。

少女の無防備な後ろ姿と
艶っぽいため息に
先ほどまで、彼女に感じていた
男の欲望が溢れだして…。


きゃあっ…!?

気づくと
男は後ろから
少女を抱きしめていた。

な、何、するんですか…?

少女は戸惑い、震えた声をあげるが
大きな抵抗は見せなかった。

いや、震えていたから…
寒い、と思ってね…?

そ、そう…なんですか?

苦し紛れの言い訳に
彼女は疑問に満ちた声で応えた。

僕も少し、寒くてね。

彼女の首筋に
鼻先を押し付けるようにしながら
さらに言葉を続けた。

そ、それなら…。

何か言いたげな彼女だったが
次の言葉が見つからず
何も言えないでいた。

男はその隙に
彼女の濡れた大きな胸に
手を伸ばした。

きゃぁっ!?

可愛らしい悲鳴を短くあげたが
男はそのまま夢中で
たわわに実った乳房を
揉みしだいた。

やっ、やめて下さいっ…!!

男の両手を掴むと
少女は少し強い口調で抵抗した。

(このままだと逃げられてしまう…。)

男は振りほどこうとする
彼女の両手を掴むと
手にしたタオルで
無理やり縛り上げた。

っ…!
こんなことして…
お父さんに言いつけますからねっ。

キッと睨む彼女だったが
今さら彼女の魅力の前にして
その衝動を抑えることはできなかった。

男は少女の言葉を無視し
シャツのボタンとブラを外して
あらわになった乳房に
しゃぶりついた。

ひっ!!

跳ね上がるように震えた少女が
その身体を硬直される。

しっとしりと濡れた柔肌は
微かな塩味がして
体温を含んだ湿気と共に味わうと
男のペニスは徐々に固くなっていった。

あっ…いやっ…。

(上司はこんな声も
乳首の味も
知らないんだろうな…。)

いつの間にか固くなってきた乳頭は
ピンと張り詰めて
小刻みに刺激を繰り返してやるたびに
彼女は短く息を漏らし
ビクリと肩を震わせた。

んぅっ!?

彼女の乳首を口いっぱいにほおばり
男の舌先で乳頭をしきりに刺激し続けた。

はぁっ…ん、ゃぁ…。
おねが、い…もぅ、やめ…っ。

そう言いつつも
明らかに甘い声を
漏らすようになってきた少女に
興奮した男は
激しく小刻みに舌を使い
彼女の反応をうかがった。

はぁ…はぁ…はぁ…。

しばらく男に乳首をいじられて
蕩けた顔を浮かべる少女。

まだ女子〇生になったばかりだというのに
すっかり牝の顔をしている少女を見て
ペニスが爆発してしまいそうなほど
男は興奮していた。


男は少女を押し倒して覆いかぶさると
いきり立つ股間のモノを
彼女の頬に押し付けながら
むき出しになった
太ももと淡い色合いの
下着に舌を這わせた。

(部長も、さぞ大事に
育ててきたのだろうな…。)

彼女のきれいな肌を舐めまわしながら
男はそんなことを考えていた。

いやっ…きたなっ…!

カウパーを溢れさせながら
ビクビクと脈打つペニスを
間近に見せつけられ
両手で抵抗しようとする少女。

舐めて、くれないかな?

腰を小さく揺らしながら
催促するようと、
観念したように顔を起こし
小さな唇を開いて
男のペニスを口に入れた。

ふぐぅっ…、
んぅぅぅぅっ…!?

男はゆっくりと腰を沈め
彼女の口にペニスを
ねじ込んでいった。

ふぐぅっ…、
んぅぅぅぅっ…!?

彼女が苦しそうに
漏れだす息が
男の興奮を高めていく。

ふっ…ふぅっ…
ふぅっ…。

雨と男の唾液で
じっとりと濡れた下着は
彼女の性器を隠す役割は
果たしておらず
鮮やかな色をした秘部を
男の目の間に晒していた。

んっ!?
んんぅっ!?

男はたまらなくなり
彼女の下着をずらし
直接アソコを舐め始めた。

んぅっぅうっぅぅっっ!!!

クリトリスを刺激すると
彼女はのけぞり
ビクビクと身体を震わせた。

膣口からトロトロと溢れる愛液。
強烈に漂ってくる牝のフェロモンに
男はもう限界だった。

挿入

制服を脱がされ、
四つん這いにさせられた少女は
微かに震える声で
男に訴えた。

もう…終わりにしませんか…?
今なら、誰にも…
言いません、から…。

しかし、すべすべのお尻に
ペニスをあてがいながら
男はもうこれから起きる
行為の事しか考えていなかった。

…いや…助けて…
おとう、さん…。

消え入るような声で
助けを求める少女。

男は、上司の愛娘を
これから犯すという興奮で
一段とペニスを固くした。

そして、そのまま
彼女の性器に先端を押し付けると…。

ずぶっ!

閉じた膣肉をかき分けて
みなぎった肉棒が
挿し込まれていく。

ひぐッ!
ぅぅっ…っ!

腕の中でカタカタと小さく震える彼女が
妙に愛おしく感じて
射精してしまわないよう
一旦動きを止める。

あっ…いやぁ…
パパぁッ!!

射精衝動が落ち着き
男はゆっくり腰を動かし始める。

ふうっ…!
ふうっ…!

やぁ…あっ…!!
んあぁっ…!

男の耳障りな息遣いが
狭い廊下に響き渡りながら
少しずつ彼女の口から
艶っぽい声が漏れ始めていた。

ずぢゅっ!
ずぷぷっ!
ずぷっずぷっ!

興奮した男は
夢中になって腰を振り
奥を小突くようにして
責め続けた。

くぅっ…!
ふっ…ふぅぅっ…!!

快楽と共に彼女の声も大きくなっていく。

やあっ…!!
はげ、しぃ…!
くぅ、くふぅっ…!

人懐っこい笑顔を浮かべていた
上司の娘の顔は
今となっては見る影もなく
激しい快感で顔がゆがんでいた。

うぐぅっ…、やだぁ…。
ああっ…、んぁっ…!

じゅぷじゅぷと淫らな水音と
ハァハァと短い
獣じみた呼吸の音が
交じり合って
お互いの興奮を高めていった。


二人は体勢を変え
彼女の身体を起こし
壁にもたれかけさせた。

うぁ…こ、こんなの…
いやぁぁ…。

少女の尻を掴み上げ
壁に押し付けながら
より深く、彼女の中へと
侵入していく。

あぐぅ…
ぅぅぅっ…くぅっ…。

堪えるように
くぐもった声をあげる少女。

いっ…んくぅぅっ…。

へへ、どうだい?
おじさんの、当たってるの
わかるかい?

子宮口をトントンと
ペニスで刺激させながら
更に奥へと
力を込めていった。

ああぁあぁ…わ、くぁ
わかりま…せんっ…んぁ…。

息も絶え絶えに
彼女の艶を含んだ声が
歳不相応の色気を感じさせた。

分かんないか…。
じゃあ、もっと
刺激してやらないと、ね。

腰を大きく前後させ
彼女の膣壁と子宮に刺激を与える。
まだ処女を奪われて間もない少女は
明らかに快楽の色に染まった声を漏らし
男の侵入をすっかり受け入れていた。

んっぅ、ひっ、
やぁ、んっ…はぁん…。

二人の結合部から
ポタポタと雫がしたたる。
彼女も相当興奮していることが
男にもわかった。

このまま、膣内に、
射精させて…もらうよっ!!

やっ…、
だ、だめ…だめぇ…。

拒絶の言葉を口にしながら
キュンキュンと
ペニスを締め付けてくる少女。

男は構わず腰を振り続け
彼女ももはや抵抗していなかった。

うぐっ…で、射精るっ!!

どぴゅっ!!びゅっくっ!!

っ…!?ぁっ…!!!

留まることなく
注がれ続ける精液に、
彼女の膣は何度も何度も
男を求めるように
吸い付いてきた。

父親の部下にレイプされ、
膣内射精されたというのに、
彼女自身もまた、
絶頂の快楽を
感じていたのだった…。

浴室

(…いったい、なんで…
あの人が…。)

行為を終え、
男は彼女に浴室で
身体を洗うよう促した。

少女は、一人シャワーを浴びながら
さっきまでの
衝撃的な出来事を振り返っていた。

(私…犯されちゃったんだ…
あの人に…なんで…?
私が…こんな目に…。)

何度も家に来たことがある父親の部下。
とても紳士的な印象の彼に
少女は好感をもっていた。

(今まで、そんな素振り…
見せることなんて
一度もなかったのに…。)

考え始めると
頭がぐしゃぐしゃになって
大声で泣きだしたい衝動にかられた。

(……でも…。)

彼女の中で混乱している理由は
ただ犯された嫌悪感だけではなかった。
あんなことがあった直後なのに
男を強く憎むことができなかったのだ。

(なんでだろう…。
途中から、気持ちよく
なっちゃった、から?
初めてだったのに…
中に出されて…
イっちゃったから…?)

彼女は自分の中にある
変態性に気づき始めていた。

(そうだ、中も洗わないと…
赤ちゃん、できちゃう…。)

まだ少しひりひりするアソコに
恐る恐る触れようとしたとき
おもむろに浴室のドアが開かれた…。


New!! DMMコミックの購入方法まとめました!!

かえりみち。―上司の娘と二人きり―の口コミ情報

口コミ情報

かえりみち。―上司の娘と二人きり―に関するクチコミ情報を徹底調査しました!! てくのみくす。のエロ漫画は艶っぽいイラストと興奮を掻き立てる描写が特徴です! 今回のかえりみち。―上司の娘と二人きり―も力作です。
牝の喜びを知った少女は、淫らに堕ちていく…。

電子書籍をPDF・Zipでダウンロードは危険です!!

電子書籍の無料ダウンロードは危険です!!

DMMコミックでも好評のかえりみち。―上司の娘と二人きり―。 一部のサイトで、無料で中身を読んだりダウンロードできることを謳っていますが… 鵜呑みにして大丈夫ですか??

例えば、 2dbook、ドロップブックス、torrent(トレント)、nyaaなど… 無料でエロ漫画を手に入れようとしていませんか??

かえりみち。―上司の娘と二人きり― 

これらはワンクリック詐欺広告やウィルス・トロイの木馬を 同時にダウンロードする可能性を孕んでおり、非常に危険です。

特に、PDF・Zipファイルの無料ダウンロードには警戒心を高めましょう。

PDFファイルダウンロードは要注意!!

「かえりみち。―上司の娘と二人きり―が無料で読める」は危険です。

Zipファイルダウンロードは危険です!!

ZIPファイルのダウンロードは警戒を!!

これらを無料でダンロードし、 セキュリティソフト会社に通報した場合…

あなたがダウンロードした作品が「違法アップロードされたもの」と判断され、 逆にあなたが悪者として扱われてしまう可能性が高くなります。

かえりみち。―上司の娘と二人きり― 

公式サイトから正規品を読むが一番!!

ウィルスに感染しているかハラハラしながら読むよりも、安心が一番。

Erobnbでは公式サイトから購入して実際に読み、 有料作品のみ紹介しています。


スマホでこっそり。家族にバレず、心置きなく読みましょう。

エロ漫画が家族にバレず、置き場所に困らない。

スマートフォンからいつでもこっそり読める、 あなただけのエロ漫画。

電子書籍のDMMコミックなら、それが実現できます。

かえりみち。―上司の娘と二人きり― 

会員登録無料、月額会員費は一切なし

月額会員費0円!!

DMMコミックは月額会員費など一切無料。 かかるのは漫画代のみのコスパ最強!!

DMMコミックは会員登録無料、月額会員費など、 エロ漫画を読む以外にかかる費用はいっさいありません。

かえりみち。―上司の娘と二人きり―を読むならDMMコミックが圧倒的にお得!!

かえりみち。―上司の娘と二人きり― 
公式サイトで購入する DMMコミックで無料試し読み