[エロ漫画の無料画像]JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~をDMMコミックで試し読み!!

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~の無料画像が大量!!

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~  DMMコミックのJC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~の画像を大量公開!! 無料で読めるネタバレと本編の試し読みができます。 ソフトさーくるクレージュのエロ漫画が好きな方は一読の価値あり。

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~の無料画像

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~  JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~  JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~  JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~  JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~  JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~ 
JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~  JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~  JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~  JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~  JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~  JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~ 

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~の注目ポイント!!

  • お兄ちゃんっ子だった美少女が…
  • 様々な体位、挿入時には断面図のカット付き
  • ぬるぬる動くイラストでエロさ倍増

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~の公式情報

エロ漫画公式情報

漫画JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~
作者ソフトさーくるクレージュ
エロ調教 中出し 妊娠 巨乳 目隠し
公式DMMコミック
公開日2016/07/26

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~のあらすじ

あらすじ

お兄ちゃんのことが大好きな美少女。
彼女は平和な日常を過ごしていた。あの日までは…。
誘拐され、絶対に逃げることができない状況の中、少女は男に犯され調教され続ける。
キスもしたことがなかった少女は、次第にその異常な環境の中で、快楽に目覚めてく…。

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~の登場人物

キャラクター紹介

朝倉結衣

お兄ちゃんの事が大好きな美少女。
ある日の下校中、
山田卓郎に拉致され、
調教される。

朝倉ヒロシ

結衣の兄。
慕ってくれる妹と両親と
平和な日々を過ごしていたが、
結衣が失踪してから
その日常が崩れていく。

山田卓郎

事故死した親の遺産で暮らしている
25歳のニート。
ある日、登校中の結衣を見かけ
一目惚れする。

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~のネタバレ

ネタバレ

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~を買う前に、どんなシナリオで進んでいくのかチェック! 初見のドキドキ感で抜いていきたい方は要注意!!
New!! このコミックが欲しくなったらチェック!!

平和な日常

それじゃ、行ってきまーす。

あんっ!お兄ちゃん、待ってよぉ~。

朝食を済ませ、
登校しようとする朝倉ヒロシの後を追うように
制服に着替えた妹の朝倉結衣が、
慌ただしく家から出てくる。

お兄ちゃん♪

結衣は家から出てくるなり
兄の腕にしがみついた。
完全にベッタリな感じで甘えてくる妹に
ヒロシはやれやれといった表情を浮かべる。

お兄ちゃん、一緒に行こっ!

ああ。

いつも通りの通学路。
結衣は、兄の腕にひしとしがみつきながら
たわいのない会話をしていた。

ねぇねぇ、お兄ちゃん。

…んっ?

今日の朝ごはんどうだった?
美味しかった?

なんだよ、急に。

えへへ~、
実は今日の朝ごはんは、
結衣が作ったんだよー。

へぇ、そうだったんだ。

うん、お母さんに作り方教えてもらったんだ。

そうなんだ。
美味しかったぞ、特に味噌汁が。

えへへー、
結衣はいいお嫁さんになれるかな?

そうだな、結衣はきっと、
いいお嫁さんになれるぞ。
褒めてつかわそう。

兄のヒロシは、結衣の腕を振りほどき、
そのまま頭を抱えると
乱暴にナデナデしてやった。

ああっ!?
せっかく髪の毛整えてきたのに
頭ぐしゃぐしゃしないでよ~…。

くしゃくしゃになった髪の毛を整えながら
結衣はまた兄の腕に強くしがみついてくる。

兄妹が和気あいあいと談笑しながら
歩いていると
分かれ道に差し掛かった。

さてと…
じゃあ、俺はこっちだから。

うん、お兄ちゃん今日も頑張ってね~。

ああ、お前もな。結衣。

結衣は、兄と別れて校門へとやってくると
兄に甘えていた、さっきまでとは打って変わって
表情を引き締め、校舎へと入っていった…。

山田卓郎という男

男の名前は山田卓郎、25歳。
去年、両親が事故死してしまって
1人っきりになってしまった。

しかし、家もあり、
遺産も入って当面の生活には困らない。
生活に困らないから仕事もしていない。

そんな彼が、
徹夜でネットゲームをしていた日の朝
たまたま家の窓から外を見たとき
近所の〇学校の制服を着た、
可愛い女の子を見つける。

彼は、そのツインテールの女の子に
一目惚れしてしまった。

それから毎朝、窓の外から
彼女の姿を探すようになっていた。
そのうち彼女の名前から
毎朝の通学コースまで調べあげるほど
彼女に執着していった…。

ああ、結衣ちゃん…。
あの身体を僕のモノにしたい…。
結衣ちゃんとずっとエッチしてたい…。

彼の欲求は
日に日に大きくなっていった。
そんな時、
彼の頭にあるアイディアが浮かんだ。

家には僕しかいないし、
親父が昔使っていた
地下のシアタールームがある。
そこは防音もセキュリティもしっかりしてる。
もしかしたら…
結衣ちゃんを拉致して
ずっと一緒にいられるんじゃないか…。

ごくりっ…。
卓郎は唾を飲んだ。

確か、結衣ちゃんは
毎日同じルートで帰っている…。

その中で人通りが少ない
高架下があったことを思い出す。

あそこなら…
目撃されずに拉致できるんじゃ…。
あの、柔らかそうな唇をペロペロしたり…
柔らかな髪の毛をクンクンしたり…
結衣ちゃんの、おっぱいや…オマ〇コも…
全部を僕が独占できるんだ…ッ!

それから彼は、
その日に備えて
綿密な計画を立てていった…。

結衣ちゃんを、
僕のモノにしてやるんだ…。

犯行日

…放課後

生徒会副会長である結衣は
放課後居残って業務をこなしていた。
せわしなく仕事をこなし、
気が付くと、すっかり日が暮れてしまっていた。

はふぅ…っ。
疲れたぁぁ…。

生徒会の仕事を終わらせ
校舎から出ると、
すでに辺りは薄暗くなりつつある。

あ~あ、遅くなっちゃった。
みんな私のところに
仕事持ってき過ぎだよぉ…。

そんな独り言を呟きながら、
彼女は家路に急いだ。

卓郎はその姿を確認し、
後をつける。

いいぞ、計画通りだ。

卓郎は先回りをして、
車を例の高架下から少し離れたところに停め、
そして高架下近くの標識に
小型の無線タイプの防犯カメラを設置した。

…よし、準備万端だ。

あぅうぅ…疲れたなぁ。
こういう時に、
お兄ちゃんが迎えに来てくれたらなぁ。
お兄ちゃんが居てくれたら、
安心できるし、嬉しいんだけどなぁ。

疲れると
ふと、兄の事を考えてしまう。

早く帰って、お兄ちゃんに
ギュウギュウゥってしたいなぁ。
あと、頭もナデナデしてもらいたいしぃ…
お、思い切ってチューってしてくれても…ッ!
う~…余計に寂しくなってきたよぉ…。

そんなこと考えながら
結衣は自宅へと向かっていた。

しばらく歩いていると
暗い高架下に差し掛かった。

ううっ…
ここって、
なんだか不気味で怖い…。

彼女は少し早足で
高架下を通り抜けようとする。

すると、ちょうど真ん中あたりで、
前から歩いてきた人とすれ違った

(こんな時間に、
人がいるなんて
珍しいなぁ。)

そう思った瞬間、
彼女は後ろから
誰かに強く抱きしめられた。

きゃぁ…っぷ!?

慌てて振り向こうとした彼女の口元に
布のようなものが押し当てられて…。

ふぇっ…?
(何、これ?
なんだか、頭がふわっとして
…眠くなってきちゃう…。)

布にしみこませた睡眠薬を嗅いでしまい
結衣はそのまま意識を失ってしまった。

……。
……くっくっくっく…。
僕はとうとう、
結衣ちゃんを手に入れた。

卓郎は興奮を抑えながら、
結衣を車に乗せて自宅へと向かった。

調教開始

自宅のガレージに車を停めた卓郎は
結衣を抱きかかえると
地下のシアタールームへと運んでいった。

おお…本物の結衣ちゃんだ…
くんくんっ…
漂ってくるシャンプーと
せっけんの匂い…。
これだけでオナニー
30回ぐらいできそうだ…。

しかし、それはもったいない。
せっかく、
本物の朝倉結衣が手に入ったのだから…。

とりあえず暴れないように…
これで、よし。

卓郎は、結衣が目覚めて
パニックになっても大丈夫なように
彼女に目隠しと拘束をした。

なんだか目隠しして拘束してたら
エッチな気分になってきたなぁ
ふ、服と…
スカートもはだけさせちゃって…。

うぅんっ…

はぁはぁ…、
ゆ、結衣ちゃん…。

結衣はまだ目覚める様子はない。

う~ん…
髪の毛もさらさらだなぁ…
はぁはぁ…

憧れの女性を目の前にして
卓郎の興奮はピークを迎えていた。

唇もぷるんぷるんしてるし…
ああ、キスしたいなぁ…。

すぅ…すぅ…んっ…んんんっ…

心臓は高鳴り、
アソコもガチガチになっていた。

あぁぁ…結衣ちゃんのオマ〇コ…
どんな味なんだろう…?

想像するだけで
そそり立った卓郎のアソコからは
ガマン汁があふれ出してきた。

はぁはぁはぁ…
も、もう、我慢できない…

卓郎は結衣の股間へと手を入れ
割れ目を指でなぞるようにいじっていく。

んっ…んんっ…。

あぁぁ…柔らかいなぁ…
これが結衣ちゃんの、
オ、オマ〇コかぁ。

あふっ…うっ、んんっ…

ああ、
結衣ちゃんのオマ〇コをいじれるなんて…。
んっ…?なんだか少し、湿ってきたような…。

気づくと卓郎の指は少し湿って
ふやけていた。

あっ…ああっ…はふっ…。

そうか、僕の指で感じちゃって、
結衣ちゃんのオマ〇コが濡れてきたんだ。
…本当に女の子のオマ〇コって、
濡れるんだ…。

女性の身体に関心していると
卓郎は新しい探求心が芽生えてきた。

可愛い結衣ちゃんのオマ〇コ、
味わってみたいなぁ…。

ぅぅんっ…すぅ…すぅ…。

卓郎が彼女の敏感な秘部を舐めようと
顔を近づける…。

ああ…結衣ちゃんの、
オマ〇コ…ぺろぺろ…。

卓郎は顔を近づけると
彼女の割れ目に舌を這わせた。

んんっ!あっ…あふっ…ぅぅん…!

う~ん、結衣ちゃんのオマ〇コ…
思ってたよりも、
ちょっとしょっぱいかな…
んちゅ…れろれろ…。

寝ていても確かに伝わる刺激で
結衣は目隠し越しにでもわかるほど
火照っている。

あぁぁ…舐めれば舐めるほど、
どんどん溢れてくるよ…じゅるる…。

あっ…うぅんっ…
ああっ…ああぁぁぁ…。

ああ、美味しい…美味しいよ
結衣ちゃん…じゅるるる…。

…ぅぅんっ…んっ…えっ?
あ、あれ…な、なに?

興奮して強く舐め過ぎたのか
結衣は目を覚ました。
だが、状況は理解できていないようだ。

おや、
気持ちよくて目が覚めちゃったのかな?
結衣ちゃん。

んっ…ほ、ほえ…あ、あれれ…。

ふふふっ、
寝ぼけちゃってるのかな?
結衣ちゃん。

…えっ!?
な、何っ!?だ、誰!?
誰なの!?
ああ、なんで真っ暗なの!?
い、いやぁぁっ!

状況をなんとなく察した結衣は
暴れようとするが
手足を拘束しているため
その場でジタバタするしかできない。

な、なんで!?
手も足も…う、動かない!?

暴れると面倒だから、
拘束させてもらったよ。

ええっ!?

大丈夫、大人しくしていたら
傷つけないからね、結衣ちゃん…
んじゅるるるっ…。

そういうと
卓郎はまた結衣のオマ〇コを
舐め始めた。

ひいっ!い、いやっ!
そ、そんなところ、舐めないでっ!
離してっ!
早く離してくださいっ!

そう言われてもねぇ…
結衣ちゃんのオマ〇コ、美味しいんだもん…
ペチャペチャ…。

ひっ、ひぃ…っ!
あああぁぁぁぁぁっ!
いやぁぁぁっ!

結衣は視界もなく
身体も動かせない恐怖から
失禁してしまった。

おおっ!!

結衣のアソコから
しぶきが飛んでくる。

ああ、結衣ちゃん…
おしっこ漏らすほど気持ちよかったんだね…。

ううっ…うううぅ…。


どうなっちゃってるの?
なんで、
こんなことになっちゃってるの?
私、何もしてないのに…なんで?
…お、お兄ちゃん…
お兄ちゃん、助けて。

結衣ちゃん、
訳が分からないのかな?
だから抵抗しちゃってるのかな?

んくっ…。

仕方ないなぁ。
じゃあ、説明してあげるよ。
ここはね、結衣ちゃんの新しいお部屋だよ。

あ、新しいお部屋って…な、なに?
どういう…意味…?

結衣ちゃんはね、
僕に捕まっちゃったんだよ。
世間的に言ったら、
拉致されちゃったんだね。

つ、捕まった!?
ら、拉致って…そんな…。

そして、
もう結衣ちゃんは逃げられないんだよ。
ずっと僕と一緒に暮らすんだ。

……。

少しずつ状況を理解してきた結衣は
どんどん顔が青ざめていく…。

僕が結衣ちゃんをここに連れてきたのは
一目惚れしちゃったからなんだよ。

一目惚れって…
そ、それだけの理由で…?

僕の好きな時に、結衣ちゃんを抱いて、
結衣ちゃんを穢したい…。
言ってしまうと、結衣ちゃんを僕の
生オナホールにしたいってこと。

お、おな…ほーる…って、なに?
わ、私をどうしようとしてるの?

結衣ちゃんは、
ここで僕専用の性処理道具として、
大事に扱ってあげるからね、
安心してね。

ひ、ひぃ…っ!
や、やめて…
わ、私をおうちに帰してください…っ!

ふふふっ…結衣ちゃん
これからは、ずっとずっと一緒だからね。

い、いやぁ…ぐすん…ひっく…。

全く人の話を聞かない卓郎に
自分の置かれた状況がいかに最悪か理解し
結衣は涙を流した…。

イマラチオ

あぐっ!!
ううううううっ!

結衣ちゃん…まずは、
これから一生お世話になる、
僕のチンポにご挨拶しないとね。

むぐぅぅぅぅっ!!

卓郎は、
結衣の拘束と目隠しを外し
まだ抵抗する彼女の頭を掴んで
勃起したアソコを無理やり咥えさせた。

あうっ!んぐぅぅぅっ!!

ほらほら、
お喋りは後にして
僕にしっかりご奉仕しないとだめだよ。

んぐぅぅっ!
く、苦ひいっ…
んぷっ…ううう…っ!

涙目になっている結衣に構わず
卓郎は調教を続ける。

もっと舌を使って、
僕のチンポを気持ちよくしてよ。

…うぐっ!
うっ、うううっ…んあっ!
ひ、ひきが…うううっ!
うむぅぅっ!

噛んじゃだめだよ。
歯は立てないでね。

んんんんんんんんんっ!
(く、苦しいし…くさいし…
へ、変な味がして…
き、気持ち悪い…よぉ…)

ちゃんと、
僕のチンポの味を覚えるんだよ。

卓郎は興奮のままに
結衣ちゃんの頭を掴むと
激しく前後させていく。

もっと…もっと奥まで咥えて…ううっ…。

うむぅっ!?うっ…ううううっ!
(こんなの…もうイヤ…苦しいよぉ…。
お兄ちゃん、助けてぇぇ…)

はぁはぁ…出ちゃうよ…結衣ちゃん、
そろそろ…
ドピュドピュって出ちゃうよ…。

…ううっ…むぅぅぅっ…。
(出ちゃうって…な、何!?
もう、これ以上やめてよぉ…!)

くぅぅっ!
うっ…ううっ!!

卓郎は大きく腰を前後に降りながら
結衣の喉の奥に思いっきり
精子を吐き出した。

うっぷっ!
うっ!
んんんんっ!!

…ううっ!いいよぉっ!
いっぱい出てるよ!
ああ、喉の奥にいっぱい出てるよ!

射精を終えると
口に入りきらなかった精子が
卓郎のアソコを伝って溢れ出ていた。

ぐっ…んんんんっ!
んんんんんっ!
(ああっ…喉の奥…
あ、熱い…それにすごく臭い…。)

うあぁっ気持ちいいよっ…。
喉がうねって…。
し、搾り取られるようだよ…。

処女喪失

ああっ…
すごく気持ちよかった…。

あうっ…うううううっ…。
げほっ…うぅっ…。

はぁぁ…あんなにでたのは初めてだよ。
僕の精液、美味しかったかな?

はぁ…はぁ…げほげほっ…。
こ、こんなの美味しくないよぉ…。
き、気持ち悪い…。

ふふ、
そのうち僕の精液なしじゃ生きていけなくなるよ。

卓郎はにやりと笑うと
結衣を仰向けにベッドに押し倒した。

結衣ちゃんって処女?

…え…?

結衣は卓郎の質問に小さく頷いてみせた。

じゃあ、僕が結衣ちゃんの
初めての相手になるんだね。
ああ、嬉しいなぁ…
中古のオナホなんて、嫌だからねぇ。

や、やだ…
やめて…やめてよ…。

結衣は恐怖のあまり
泣き出してしまった。

大丈夫だよ、
最初は痛いかもしれないけど
すぐに気持ちよくしてあげるから
心配しないで。

ひ、ひぃっ!
いやっ!来ないで…
や、やめてっ!
やめてぇぇぇっ!
お兄ちゃん!
お願い、お兄ちゃん助けてぇぇっ!

それじゃ、いくよ…結衣ちゃん。

卓郎は狙いを定めると
ゆっくりとアソコを
結衣の秘裂へと近づけていく。

やだっ硬いのがアソコに…
いやっ…いやぁぁぁっ!
お兄ちゃん、助けてぇぇ!!

卓郎は泣き叫ぶ結衣を無視して
アソコを押し付ける。

ああ、結衣ちゃんおオマ〇コに
僕のチンポがキスしてるよ…
結衣ちゃんの処女…いただきまーす。

嫌ぁぁぁっ!!!!

Another


はぁ…。

結衣が行方不明になってから、
2週間が経とうとしている。
最初は友達の家に遊びに行っているだけだと
深く考えていなかったが
連絡も取れない状況に
徐々に不安が募っていった。

警察にも連絡し、張り紙も張って回ったが
手がかり一つ出てこない…。

結衣…。
早く帰って来いよ…。

それから数か月経ち、両親は
生きる気力が無くなったかのように
会話がまるでなくなっていた。

そんなある日、
自宅のポストに
一通の封筒が届けられてた。

なんだこれは…。

封筒には
差出人の名前はなく
宛先にヒロシの名前が
書かれているだけだった。

中身はなんだ…?

封筒を開けてみると
中にはDVDが入っていた。

早速自室に入ってDVDを再生してみると、
動画の中には変わり果てた
妹の姿があった…。

結衣ちゃん
今どんなことされてるか
カメラに向かって説明してごらん。

…んんっ!あっ、あぁあんっ…
お、おチンポぉ…
あ、熱いのがお尻に当たってますぅ…。
早くその熱いチンポを、
結衣に入れてくださいぃ~。

う~ん、どうしようかな。

ああっ…そんなこと言わないでぇ…
は、早くいつもみたいに、
その太い勃起おチンポを
結衣のオマンコに入れてぇぇ!!

再生された動画の中には
ヒロシの知っている妹とは似て非なる
淫乱なの姿が映し出されていた…。


New!! DMMコミックの購入方法まとめました!!

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~の口コミ情報

口コミ情報

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~に関するクチコミ情報を徹底調査しました!! ソフトさーくるクレージュのエロ漫画は種類豊富な体位と多くの断面図カット、いろいろなヤリ方で犯してくれます。 今回のJC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~も力作です。
ぬるぬる動くアニメーションで、中出しの様子もばっちり断面図でとらえていま

電子書籍をPDF・Zipでダウンロードは危険です!!

電子書籍の無料ダウンロードは危険です!!

DMMコミックでも好評のJC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~。 一部のサイトで、無料で中身を読んだりダウンロードできることを謳っていますが… 鵜呑みにして大丈夫ですか??

例えば、 2dbook、ドロップブックス、torrent(トレント)、nyaaなど… 無料でエロ漫画を手に入れようとしていませんか??

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~ 

これらはワンクリック詐欺広告やウィルス・トロイの木馬を 同時にダウンロードする可能性を孕んでおり、非常に危険です。

特に、PDF・Zipファイルの無料ダウンロードには警戒心を高めましょう。

PDFファイルダウンロードは要注意!!

「JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~が無料で読める」は危険です。

Zipファイルダウンロードは危険です!!

ZIPファイルのダウンロードは警戒を!!

これらを無料でダンロードし、 セキュリティソフト会社に通報した場合…

あなたがダウンロードした作品が「違法アップロードされたもの」と判断され、 逆にあなたが悪者として扱われてしまう可能性が高くなります。

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~ 

公式サイトから正規品を読むが一番!!

ウィルスに感染しているかハラハラしながら読むよりも、安心が一番。

Erobnbでは公式サイトから購入して実際に読み、 有料作品のみ紹介しています。


スマホでこっそり。家族にバレず、心置きなく読みましょう。

エロ漫画が家族にバレず、置き場所に困らない。

スマートフォンからいつでもこっそり読める、 あなただけのエロ漫画。

電子書籍のDMMコミックなら、それが実現できます。

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~ 

会員登録無料、月額会員費は一切なし

月額会員費0円!!

DMMコミックは月額会員費など一切無料。 かかるのは漫画代のみのコスパ最強!!

DMMコミックは会員登録無料、月額会員費など、 エロ漫画を読む以外にかかる費用はいっさいありません。

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~を読むならDMMコミックが圧倒的にお得!!

JC拉致監禁レイプ ~気になる○学生は僕専用の生オナホール~ 
公式サイトで購入する DMMコミックで無料試し読み